岩盤浴 ホットヨガ 東京

岩盤とはこんなものです

そもそも岩盤は、天然石なんですね。
特別な岩で、科学的な特徴があります。

 

それは、遠赤外線とマイナスイオンです。
もちろん、すべての鉱石がそれらを発生しているわけではありません。

 

ホットヨガやヨガなどでは、
その特徴を活用して、さらに

 

リラクゼーションや身体のデトックス効果を
高めようとさまざまな工夫がされています。

 

すぐにでも効果が実感したいんでしたら、サプリを飲んで体脂肪を燃やすのもありです。

 

東京都内でホットヨガを始めようとお考えなら、こちらのスタジオ情報が参考になると思います。

遠赤外線は身体にいいの?

簡単にいうと、遠赤外線は、ものをあたためる作用があるんですね。
ですから、私達の身体なら、

 

岩盤のそばにいると、身体が温められるんです。
そして、温風ヒーターとかってありますけど、

 

違いは、表面からか、内側からかの場所・部位ですね。
遠赤外線は、物を通す力があるんです。

 

ですから、身体にしても、身体の表面というより、
身体に浸透して、芯から温めてくれます。

 

ですから、効果も身体の内部を温めますから、
内蔵にしても活発化しますから、

 

代謝とか身体がどんどん自然と働いてくれるんですね。
ですから、とても良いものといえますよね。

 

カルド >>

岩盤の効率的な利用

遠赤外線がいいことはわかりましたね。
それでは、具体的にどのようにして、

 

身体を良くするんでしょうか。
実際には、たとえば、岩盤浴でしたら、

 

岩盤を温め、その上に横たわります。
岩盤自体も温かいですから、

 

まず身体も熱をもらって表面が温まります。
これは、通常の温まり方ですよね。

 

さらに、岩盤は遠赤外線を放射していますから
表面と同時に、身体の内部まで浸透し、

 

温めます。
ですから、身体は外も内も温まるわけです。

 

身体の内部を温める効果は何か

内蔵です。
筋肉もそうですけど、

 

それぞれ代謝が良くなるんですね。
代謝は熱を発生させますから、

 

身体の温度は高くなっていきます。
すると、自然と身体は体温調節しますから、

 

汗をかくことになりますね。
これは、冷や汗とか、表面が熱い時の汗とは違います。

 

身体の芯が温かいことから、汗腺の吸収が起こって、
これが、じわ~っとなるんですね。

 

実は、これがサラサラの汗というわけです。

 

いかがでしたでしょうか。
ホットヨガをスタジオでされるとき、

 

こうしたことを理解して、岩盤を利用したスタジオも
よろしいかと思います。

スポンサードリンク
page top